top of page
  • 執筆者の写真takahashigyouseiji

建設キャリアアップシステム

更新日:2023年2月14日

建設キャリアアップシステムは、技能者ひとり一人の就業実績や資格を登録し、技能の公正な評価、工事の品質向上、現場作業の効率化などにつなげるシステムです。国土交通省は2023年度から「あらゆる工事でCCUSを完全実施」を目指しています。

といっても2次、3次下業者様などは まだ様子見で登録されていないところも多い気がします。が、いずれは民間の工事でもシステムの導入を検討しているようなのです。

そろそろ登録を検討されてはいかがでしょうか。登録を元請けから要請されても登録には時間がかかります。一から自社で登録、技能者の登録となれば結構な時間を費やします。

事業者登録料は資本金により違います。一人親方は、0円、資本金500万未満は6,000円、500万以上1,000万未満は12,000円....と段階を踏んで上がっていきます。登録の期限は5年間となります。

技能者登録には、簡略型2,500円/人、詳細型4,900円/人です。簡略型の登録項目は、技能者の個人情報、所属事業者、社会保険等の加入状況など次の7種 類の項目を登録します。

詳細型の登録では、簡略型の登録項目に加えて、技能者の労災保険、健康診断、保有資格等 のなど次の7種類の項目を登録します。 技能と経験によりカードの色がレベルアップしカードの色に応じた賃金の支払に向けた取組が進められています。なので、今の登録が簡略型の方も 詳細型への変更をお勧めいたします。

登録には時間と手間がかかります。代行申請できる行政書士がおります。建設キャリアアップシステムのホームページで代行申請ができる行政書士を捜すことが出来ます。






閲覧数:36回0件のコメント

Comments


bottom of page